ペンタックス、6コマ/秒・手持ちHDR対応の「K-r」

ペンタックス、6コマ/秒・手持ちHDR対応の「K-r」skeeem

ペンタックス、6コマ/秒・手持ちHDR対応の「K-r」 – デジカメWatch.

ペンタックスは、デジタル一眼レフカメラ「K-r」を10月中旬に発売する。ペンタックスが「エントリークラスの上位機種」とするデジタル一眼レフカメラ。エントリークラスとミドルクラスにまたがる位置づけで、「K- x」(2009年10月発売)はレギュラーカラーのみ継続販売する。

用意するのは、K-rボディ単体の「K-rキット」およびレンズキット2種類。標準ズームレンズ「DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL」をセットにした「K-rレンズキット」と、K-rレンズキットに「DA L 55-300mm F4-5.8 ED」も加えた「K-rダブルズームキット」。いずれも価格はオープンプライス。店頭予想価格はK-rキットが7万4,800円前後、K-rレンズキットが7万9,800円前後、K-rダブルズームキットが9万9,800円前後の見込み。

ペンタックスのデジタル一眼レフカメラのラインナップは、上位機種のK-7とエントリー機種のK-xだったのですが、K-7はクラシカルな「角張った」デザイン。それに対してK-xはペンタックスの一世代前のデジイチのデザインを踏襲した「丸っこい」デザインでした。

今回のK-rはこのK-xのエントリー機種としての地位と性能を引き継ぎつつ、デザインをK-7的な「角張った」ものにした、という位置づけです。性能的にはK-xのマイナーチェンジ、といったところ。元記事から分かる範囲では、K-xとの違いは
・高速読み出しが可能な新型のCMOSを採用
・AF性能の向上
・K-xにはなかったスーパーインポーズ機能を搭載
・連続撮影は6コマ/秒(K-xは4.7コマ/秒)

K-xの画質には定評があったようで、一部では「上位機種のK-7を食う画質」との話で非常に魅力あるものでした。筆者はK200Dを使っていて性能には満足しているのですが、旅行に持って行くのにボディが重すぎるのだけが不満でした。K-xのころんとした丸いデザインはあまり好きではなかったので、「K-xのK-7デザイン踏襲した新型が出たら買おう!」と思っていたのですが、ついにそれが出た、という感じです。

買うか?でもこれで投げ売りになったK-xを安く買うというのもアリかもしれません。

One comment

  1. ぱふ より:

    ブログ更新しました: ペンタックス、6コマ/秒・手持ちHDR対応の「K-r」 – http://tinyurl.com/2d9qdfx

ぱふ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です